ヒール底面のリペア

未分類

ヒールヒールはヒール本体と、底面に付けられたトップリフトに分かれます。トップリフト部分はゴムや革でできていて、トップリフトが削れてもヒール本体が無事ならトップリフトのリペアのみで靴を履き続けられます。ヒールのトップリフトのリペアはどのように行われるのでしょう。

トップリフトのリペアは削れた部分を取り除いてから、新しいトップリフトを底面に取り付けて左右の高さや形を揃えます。削れた部分を取り除いたあとに専用の機械で接着面を削ったり、接着時にハンマーや圧着機を使ったりすることで新しいトップリフトの接着力が増します。ビジネスシューズなどの革靴やハイヒールパンプスだけでなく、スポーツシューズやぺたんこ靴もリペアが可能です。また、女性用の靴はトップリフトが薄いので削れやすくなっているので注意しましょう。

リペアのときに、音が鳴りにくい素材や、滑りにくい素材などを選ぶことも可能です。素材や特徴によってリペア代金が異なる場合があるので、事前に確認しましょう。

ヒールトップリフトが削れてヒール本体まで傷つくと、ヒール本体のリペアが必要になる事もあります。本体の交換はトップリフトリペアより代金が高くなり、削れた状態ではき続けると靴の変形や足腰への悪影響にも繋がります。歩きにくさを感じ始めたり、カンカンと音が鳴り始めたと思ったりしたら、早めにトップリフトをリペアすることでヒール本体の破損を防いで経済的に、長く履き続けることが可能です。