箇所で違う靴リペア

未分類

歩く女性日常生活に欠かせない靴は傷ついたり壊れたりすることも多いですが、そのたびに買い換えていると金欠状態になる人もいるでしょう。愛着のある靴だから傷ついても捨てたくない、という人もいます。そんなときは靴リペアがあります。靴リペアの可能な箇所は多くあり、やり方は箇所によって違います。

つま先は表面の色補正や削れた底面の補強のリペアです。靴底は滑りやすいときなどに行う前半分のリペアと、靴底の前半分とヒール底面が傷んだ時などに行う靴底全面のリペアがあります。ヒールは、底面のトップリフトとヒール本体に分かれていて、傷み方によってトップリフトだけのリペアで済む場合と、本体のリペアが必要な場合があります。中敷きやすべり口などリペア可能な箇所はいろいろあります。

ヒール底面は古いトップリフトを取って接着面を削ってから、新しいトップリフトをハンマーや圧着機で付けます。滑りにくい素材などを選びたい場合は事前に相談しましょう。トップリフトは削れてもヒール本体が無事ならトップリフトのみのリペアとなりリペア代も抑えられるので、音が鳴ったり歩きにくくなったりしたら早めにリペアをしましょう。

ヒール本体のリペアは古い本体を外してピン抜き、圧着機や釘を使い新しい本体を固定します。太さや高さ、素材の変更ができる場合もあります。傷つきやすい女性用のヒール巻きリペアは古い巻革を剥いでから新しい巻革を貼ります。見た目以外にも本体には体重を支える大切な役割があります。

靴リペアは靴の傷みや変形を防止して、歩き方や脚腰への悪影響も防止します。このサイトでは箇所ごとの靴リペアと、ヒール底面とヒール本体のリペアについてそれぞれ説明します。