箇所ごとのリペア

未分類

サンダル外へ行くときに必需品である靴は、個人の履き方や歩く場所、履く期間などいろいろな要因でさまざまな箇所が傷つき壊れます。靴は箇所によってリペア方法が違い、多くのことができます。

つま先は表面と底面ともに痛みやすい箇所です。表面の傷ついた部分は、傷部分の汚れを除去後、エアブラシなどで靴に合った質感や色味に合わせます。裏のすり減った部分は接着面を作って、靴に合った補修材で補強します。新品の靴のつま先を傷つきにくくするため、事前に補強することも可能です。

靴底は靴底全体を交換するオールソールのリペアと、前半分を補強するハーフソールのリペアに分かれます。オールソールのリペアは、ヒール部分とハーフソール部分の両方が削れたり穴が開いていたりする場合などに向いています。ハーフソールのリペアは、前半分が削れて滑りやすくなった場合などに向いています。

ヒール部分は必ず痛みます。ヒール本体が折れるだけでなく、靴底部分のゴムや革のすり減りや、ヒール巻きの傷などがあり、見た目だけでなく歩き方や体への影響のためにも早めのリペアが必要です。

他にも中敷きやすべり口、ストラップや糸のほつれなどもリペア可能です。素人には靴リペアが可能かどうかの判断が難しいので、諦めて買い換える前に靴のリペアを行っているお店に修理の相談してみましょう。