ヒール本体のリペア

未分類

トップリフトだけでなくヒール本体まで削れている、ハイヒールが折れたなど、ヒール本体のリペアが必要になる場面も多々あります。ヒール本体のリペアはどの様に行われるのでしょう。

ハンマーヒール本体のリペア古いヒールを外してから、新品のヒール本体を取り付けて高さを戻します。古い本体を固定していたピンを全て抜き、ハンマーや圧着機、釘を用いてヒール本体を取り付けることで固定力が増します。ヒール本体は木やプラスチック、軽合金や合成ゴムや革積みなどさまざまな素材があるので、靴によっては素材や太さ、高さの変更も可能です。

女性のハイヒールパンプスはヒール巻きのリペアもあります。ヒール本体に塗料を塗るのではなく革などが巻かれていて、砂利や側溝などに引っ掛かることで傷がついたり剥がれたりします。ヒール巻きのリペアはヒール本体を靴本体から取り外してから、古い巻革を剥がして新しい革を巻きます。皺にならないよう、ボンドの塗り方や革の貼り方に注意が必要です。新しく巻く革は、買った状態の色や素材に近い物になりますが、全く同じにすることは難しいので事前に確認しましょう

ヒール本体はデザイン性だけでなく、体重を支える役割もあります。ヒールをこまめにリペアすることは、立ち姿や靴自体の見た目の美しさとともに、足腰への負担軽減や歩きやすさなど体にも影響します。

ヒール底面のリペア

未分類

ヒールヒールはヒール本体と、底面に付けられたトップリフトに分かれます。トップリフト部分はゴムや革でできていて、トップリフトが削れてもヒール本体が無事ならトップリフトのリペアのみで靴を履き続けられます。ヒールのトップリフトのリペアはどのように行われるのでしょう。

トップリフトのリペアは削れた部分を取り除いてから、新しいトップリフトを底面に取り付けて左右の高さや形を揃えます。削れた部分を取り除いたあとに専用の機械で接着面を削ったり、接着時にハンマーや圧着機を使ったりすることで新しいトップリフトの接着力が増します。ビジネスシューズなどの革靴やハイヒールパンプスだけでなく、スポーツシューズやぺたんこ靴もリペアが可能です。また、女性用の靴はトップリフトが薄いので削れやすくなっているので注意しましょう。

リペアのときに、音が鳴りにくい素材や、滑りにくい素材などを選ぶことも可能です。素材や特徴によってリペア代金が異なる場合があるので、事前に確認しましょう。

ヒールトップリフトが削れてヒール本体まで傷つくと、ヒール本体のリペアが必要になる事もあります。本体の交換はトップリフトリペアより代金が高くなり、削れた状態ではき続けると靴の変形や足腰への悪影響にも繋がります。歩きにくさを感じ始めたり、カンカンと音が鳴り始めたと思ったりしたら、早めにトップリフトをリペアすることでヒール本体の破損を防いで経済的に、長く履き続けることが可能です。

箇所ごとのリペア

未分類

サンダル外へ行くときに必需品である靴は、個人の履き方や歩く場所、履く期間などいろいろな要因でさまざまな箇所が傷つき壊れます。靴は箇所によってリペア方法が違い、多くのことができます。

つま先は表面と底面ともに痛みやすい箇所です。表面の傷ついた部分は、傷部分の汚れを除去後、エアブラシなどで靴に合った質感や色味に合わせます。裏のすり減った部分は接着面を作って、靴に合った補修材で補強します。新品の靴のつま先を傷つきにくくするため、事前に補強することも可能です。

靴底は靴底全体を交換するオールソールのリペアと、前半分を補強するハーフソールのリペアに分かれます。オールソールのリペアは、ヒール部分とハーフソール部分の両方が削れたり穴が開いていたりする場合などに向いています。ハーフソールのリペアは、前半分が削れて滑りやすくなった場合などに向いています。

ヒール部分は必ず痛みます。ヒール本体が折れるだけでなく、靴底部分のゴムや革のすり減りや、ヒール巻きの傷などがあり、見た目だけでなく歩き方や体への影響のためにも早めのリペアが必要です。

他にも中敷きやすべり口、ストラップや糸のほつれなどもリペア可能です。素人には靴リペアが可能かどうかの判断が難しいので、諦めて買い換える前に靴のリペアを行っているお店に修理の相談してみましょう。

箇所で違う靴リペア

未分類

歩く女性日常生活に欠かせない靴は傷ついたり壊れたりすることも多いですが、そのたびに買い換えていると金欠状態になる人もいるでしょう。愛着のある靴だから傷ついても捨てたくない、という人もいます。そんなときは靴リペアがあります。靴リペアの可能な箇所は多くあり、やり方は箇所によって違います。

つま先は表面の色補正や削れた底面の補強のリペアです。靴底は滑りやすいときなどに行う前半分のリペアと、靴底の前半分とヒール底面が傷んだ時などに行う靴底全面のリペアがあります。ヒールは、底面のトップリフトとヒール本体に分かれていて、傷み方によってトップリフトだけのリペアで済む場合と、本体のリペアが必要な場合があります。中敷きやすべり口などリペア可能な箇所はいろいろあります。

ヒール底面は古いトップリフトを取って接着面を削ってから、新しいトップリフトをハンマーや圧着機で付けます。滑りにくい素材などを選びたい場合は事前に相談しましょう。トップリフトは削れてもヒール本体が無事ならトップリフトのみのリペアとなりリペア代も抑えられるので、音が鳴ったり歩きにくくなったりしたら早めにリペアをしましょう。

ヒール本体のリペアは古い本体を外してピン抜き、圧着機や釘を使い新しい本体を固定します。太さや高さ、素材の変更ができる場合もあります。傷つきやすい女性用のヒール巻きリペアは古い巻革を剥いでから新しい巻革を貼ります。見た目以外にも本体には体重を支える大切な役割があります。

靴リペアは靴の傷みや変形を防止して、歩き方や脚腰への悪影響も防止します。このサイトでは箇所ごとの靴リペアと、ヒール底面とヒール本体のリペアについてそれぞれ説明します。